主要縫製工程紹介

16

松葉閂と違って、ディフェイの手穴は、男性職人のみ作業を許される。













通常、着裁ちと言いますが、一着裁断を意味する言葉ですが、
一見、当たり前に思いがちでしょうが、ディフェイの裁断はこれでも不十分です。
高級素材であればであるほど繊細になり、柄や地の目の変形は激しくなります。
なので、生地を対称的に二つおりで裁断するのが基本ですが、
ディフェイでは、重ねた上下(左右)の生地別で裁断します。
こうすることにより、柄合わせをミリ単位に正確にできており、素材の天然性を活性化にし、
つまり、動物性繊維の自己修復性を生かし、無理な縫製を避けるためです。

裁断師は音楽会の指揮者といった勤めであり、縫製全工程を仕切る役割です。
良い服とは人為的な美観性を加えた上、素材の命を自然に引き出してからのものとなります。
日本料亭料理の原理と一緒ですね~